ファシリテーション図書館

図書館

プロジェクトマネジメント

システムやアプリケーションの開発において、企業で行うような規模感であればチームを構成してプロジェクトを立ち上げて行うことが一般的です。そこで大切になってくるのが、プロジェクトの進め方、進捗の管理、上層部やクライアントへの状況報告などプロジェクトの成功に向けた管理を行う「プロジェクトマネジメント」です。

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトの成功に向けてプロジェクトの推進を管理することです。多くの場合はQCD(※1)と利益の達成がプロジェクトの成功とされます。
システム開発プロジェクトにおいて、一定以上の規模がある場合、多人数で開発するのが一般的です。メンバーそれぞれに作業範囲を分割して業務に取り組みますが、機能の連結や作業の進捗などを管理しなければ、スムーズには開発できません。
そこで必要となるのが、プロジェクトにまつわる事柄を管理するプロジェクトマネジメントです。プロジェクトマネジメントの実施者は、主にプロジェクトマネージャーやPMO(※2)となります。

※1 QCD:Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)のシステム開発プロジェクトで重要視される三つの要素
※2 PMO:Project Management Officeの略で、プロジェクト管理の立場でプロジェクトに従事し、プロジェクトマネージャーのサポートを行うポジション。

プロジェクトマネジメントの技法は、プロジェクトをスムーズに進行させ、各工程での品質を担保するためのものです。しかしながらプロジェクトマネジメントを役立てることが出来るのはプロジェクトマネージャーだけではありません。当然ながら、開発者などのプロジェクトマネージャー以外のメンバーもプロジェクトマネジメントの知識を持つことで、よりスムーズにプロジェクトに取り組めます。
プロジェクトマネジメントは大きな仕事を細かく分割して管理する手法です。プロジェクトリーダーやメンバー、支援部門であっても、自身の業務に取り入れることで業務効率、品質の向上を図ることが可能となります。