ファシリテーション図書館

図書館

心理的安全性

心理的安全性とは、他人の反応に怖がったり、恥ずかしいと感じたりすることなく、自然体の自分を隠さずすべてオープンにできるような穏やかな雰囲気のある環境のこと。

この穏やかな雰囲気とは、自分の思いや感じた内容を素直に伝えられるということですので、その場に安心感や共感がなければ、一人ひとりが自分をさらけ出すことはできません。

心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学で組織行動学を研究するエイミー・エドモンドソン(Amy C. Edmondson)氏です。この概念を「対人関係においてリスクのある行動をしてもこのチームでは安全であるという、チームメンバーによって共有された考え」と定義しています。

エドモンドソン氏は、心理的安全性の重要性に気付いたときの経験を、スピーチフォーラム「TED」でスピーチしています。